TOP > NEWS > 新作『日本原 牛と人の大地』劇場公開決定&公式SNSオープン!

NEWS

2022.07.15

新作『日本原 牛と人の大地』劇場公開決定&公式SNSオープン!

黒部俊介初監督作品、映画『日本原 牛と人の大地』が2022年9月中旬より、[東京]ポレポレ東中野ほか全国順次公開することが決定しました!

<作品紹介>
ーーー ーーー ーーー ーーー ーーー
父が牛飼いになって、
もうすぐ50年になります。
牛飼いになる前、
父は医学部の学生でした。
ーーー ーーー ーーー ーーー ーーー

岡山県北部の山間の町、奈義町(なぎちょう)。人口6,000人のこの町に陸上自衛隊「日本原(にほんばら)演習場」がある。日露戦争後に旧陸軍が村々を強制買収して設置、占領軍に接収されたのち自衛隊に引き継がれ、今日に至る。奈義町は自衛隊との「共存共栄」を謳ってきた。日本原では昔から地元住民が山に入って土地を共同利用する「入会」が行なわれ、演習場内の耕作権などが防衛省から認められている。

しかし、今や場内で耕作しているのは本作の主人公・内藤秀之さん一家だけとなった。“ヒデさん”と親しまれる内藤さんは50年にわたり牛を飼い、田畑を耕してきた。彼を知る人は言う。「ヒデさんは医者にならずに婿入りして牛飼いになったんよ」。1960年代の終わり、岡山大学の医学生だったヒデさんは、なぜ牛飼いになったのか?

監督は日本映画学校を卒業したものの映画の夢を諦めかけていた黒部俊介。東京から移住した岡山で偶然ヒデさんと出会った黒部はビデオキャメラをたずさえて日本原に通い続けた。
コモンズと占領。安保法制下の米軍と自衛隊。土地利用規制法が孕む危険。改憲が具体化していくなか、“国防”の名のもとで私たちが手放しはじめているものは何か…。映画は、ヒデさんの息子の陽さんによるナレーションに導かれて、ゆらゆらと歩き始める。政治の季節と青春のその後で、今私たちが生きている時代をユニークな視点と映画言語で映し出すヒューマンスケールのマスターピース。

こういう作品こそ、万難排してスクリーンでご堪能ください!


🎬映画『日本原 牛と人の大地』🎬
ナレーション:内藤陽
監督・撮影:黒部俊介
編集:秦岳志
整音:川上拓也
制作:黒部麻子
製作:黒べこ企画室
配給:東風
2022年/110分/日本/ドキュメンタリー
©2022 Kurobeko Kikakushitsu

公式HP(準備中):https://www.nihonbara-hidesan.com/
公式ツイッター:https://twitter.com/nihonbara_movie
公式フェイスブック:https://www.facebook.com/nihonbara.hidesan